薄毛の原因には紫外線が関係している

薄毛の原因には紫外線が関係しています。紫外線が頭皮に当たると、薄毛の原因になる成分が生まれるということが研究で明らかになっています。
つまり紫外線に当たり続ければ、薄毛がどんどん悪化していく可能性があるということです。特に薄毛の悩みを抱えている人は、紫外線に当たらないほうがいいです。
ですので紫外線から頭皮を守るためには帽子を被ったほうがいいです。ただ頭皮が蒸れるような帽子は菌繁殖の要因となるため、NGです。汗をかかない通気性に優れた帽子がベストと言えます。
なので薄毛の予防や改善を行うなら、頭皮を紫外線から守ることは必須なのです。外出するときもなるべく日陰を歩くようにすると、頭皮が受ける紫外線の量も多少はマシになるはずです。